有限会社 伝匠

スタッフブログ



ペアガラスと内窓

2017年 01月 16日 (月)

最近の新築住宅で、ほとんど採用されているペアガラス

最も多く普及しているペアガラスは、

2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を注入したガラスの事を言います。

一番の目的は断熱効果を高める事です。

当然中の空気層が厚ければ厚いほど断熱効果は高まります。

夏場の遮熱性を高め、冬場の結露防止に効果を発揮します。

ペアガラスの空気層には、基本的に乾燥空気が使用されていますので

結露の可能性をを低くする事ができます。

住宅の気密性を高めるにはいいと思われていますが、

突然ガラスにひび割れが生じてしまう事があります

熱割れと言われていて冬場に多く、珍しくはない現象だそうです。

そうなると、

交換に費用がかかる…

一般のガラス屋さんじゃ交換してくれない⁉

色々な不安が出てきます。

そんな訳かどうか近頃では、内窓を付けているお宅も

チラホラ見かけるようになってきました

お散歩の途中で、外出した時になど

ふと見てみると素敵な内窓のお宅が目につくかもしれませんよ