有限会社 伝匠

スタッフブログ



ガラス貼りのバスルーム

2017年 03月 14日 (火)

バスルームは外から中が見えないように隠すか、曇りガラスでぼやかすのが一般的です。しかし思い切って透明のガラスドアにすることで浴室に広がりが生まれ、視界の広さを感じる事ができます。

極力お部屋同士を仕切りたくないという希望から、ドアのないお家も増えています。そんな時こそガラスドアのバスルームは大活躍です。広さをつくりお家の一体感に一役買います。これから家づくりをする方には、ぜひお勧めしたいです。せっかくの一戸建てですからどこかに自分を表現するのもいいのでは?中途半端にあれもこれも設備を付けて、まとまりのないつまらないものになるよりは、多少の主張もOKだと思います!

ユニットバスでもガラス張りが可能なのはご存知ですか?もちろん新築でも、リフォームでも対応できます。水回りのリフォーム周期は大体10年だと言われてますので、年頃のお子様がいなくなった後にリフォームの対象として考えてみるのもいいかもしれませんね。一味違った空間に発見があるはず‼